FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年旧司法試験刑法第1問

【刑法】
第1 問
甲は,かつて働いていたA社に忍び込んで金品を盗もうと考え,親友
であるA社の従業員乙にこの計画を打ち明けて,その援助を依頼した。
乙は,甲からその依頼を受けて,甲のために協力したいと思い,甲に「社
員が退社した後に,A社の通用口の鍵を開けておくよ。」と伝えたとこ
ろ,甲は,「助かるよ。」と乙に礼を言った。
乙は,甲からあらかじめ告げられていた犯行の当日,乙以外のA社の
社員全員が退社した後,甲に伝えていたとおり同社通用口の施錠を外し
て帰宅した。甲は,バールを持ってA社の前まで来たが,A社の中に人
がいるような気配がしたので,急きょ計画を変更してA社の隣にあるB
社に忍び込むことにした。そこで,甲は,B社に行き,たまたま開いて
いたB社の建物の玄関ドアから誰もいない建物内に入った。甲は,その
事務室に入り込み,バールで金庫をこじ開け,その中から現金を盗み,
更に金目の物がないかと室内を物色していたところ,机の上に積まれて
いた書類の束に甲の手が触れたため,その書類の束がB社の従業員丙が
退社の際に消し忘れていた石油ストーブの上に落ち,これに石油ストー
ブの火が燃え移った。甲は,その書類の束から小さな炎が上がり,更に
ストーブの上から燃え落ちた火が床にも燃え移りそうになっているのを
見て,今なら近くにあった消火器で容易に消せるが,このまま放置すれ
ばその火が建物全体に燃え広がるだろうと思いながらも,消火のために
ここにとどまれば自分の盗みが発覚するのではないかとおそれて,その
場からそのまま立ち去った。
他方,帰宅途中であった丙は,石油ストーブを消し忘れていたことを
思い出し,B社に戻り,その事務室に入ろうとしたところ,事務室の床
が燃えているのを発見した。この時点でも,まだ容易にその火を消すこ
とができる状況にあったことから,丙は,その火をそのまま放置すれば
建物全体が燃えてしまうと思いつつ,今ならまだ近くにあった消火器で
十分消せると考えた。しかし,丙は,その床が燃えているのは自分の石
油ストーブの消し忘れが原因であると思い,自分の火の不始末が発覚す
るのをおそれて,その場からそのまま立ち去った。その結果,B社の建
物は全焼した。
甲,乙及び丙の罪責を論ぜよ(ただし,特別法違反の点は除く。)。

(自分の回答)
一 甲の罪責
1 甲は、金品を盗む計画を持ったまま、B社の玄関ドアから誰もいない建物内に入っている。これば、B社の管理権者の意志に反する立ち入りといえるから、上記行為につき建造物侵入罪(130条前段)が成立する。
2 次にB社内の金庫をバールでこじ開け、その中から現金を盗んだ行為につき、器物損壊罪(261条)および窃盗(235条)が成立する。
3(1) さらに、甲は、書類の束から小さな炎があがり、更にストーブの上から燃え落ちた火が床にも燃え移りそうになっているにも関わらず、火を消しておらず、結局B社は全焼するに至っている。この点につき、甲に非現住建造物放火罪(109条1項)の不真正不作為犯が成立しないか。
 (2) この点、法益保護の観点から、作為犯の形式で定められている構成要件を不作為犯についても適用する必要が生じる。ただ、無限的な適用は、刑法の自由保障機能を害することになる。したがって、不真正不作為犯の実行行為性が認められるためには、その成立範囲を限定すべく、①作為義務があり、②作為が容易であり、③不作為が作為と構成要件的に同価値であることを要すると解するべきである。
 (3) これを本件についてみると、書類の束に火がついたのは、甲の手が書類に触れて書類がストーブに当たったからであり、甲の先行行為に基づく消火義務が発生しているといえる(①)。また、消火器を用いれば容易に消火することが可能であり、甲もそのことを認識していたのだから、消火は容易であったといえる(②)。さらに、B社には誰もおらず、火が消えるがどうかは甲に委ねられていたこと、自分の盗みを発覚するのをおそれて消さなかったこと、からすれば、消火義務の懈怠は作為犯と構成要件的に同価値であるということができる。よって、甲には、非現住建造物放火罪の実行行為性が認められるといえる。
4 (1) ただ、甲がB社から立ち去ったのち、丙がB社に戻ってきたのに、消火義務を怠っていることから、このことが、甲の不作為とB社全焼との間の因果関係を切る事情にならないかが問題となる。
 (2) 思うに、丙はストーブをつけっぱなしにしていたものであり、火を消す義務を負うが、丙が火を消さなかったとしても、甲の不作為からB社全焼という結果への因果の流れを変えるものではない。また、丙は、床が燃えているのは自己の不始末のせいであると勘違いしており、それによって消火をしていないのだから、客観的には、甲が因果の流れを支配しているといえなくもない。
 (3) そうだとすれば、甲の不作為と結果の因果関係が認められるといえるから、甲には非現住建造物放火罪が成立する。
5 結局、建造物侵入、器物損壊、窃盗、非現住建造物放火が成立し、前三者はけんれん犯となり、後者とは併合罪の関係に立つ。
二 丙の罪責
 丙についても、甲と同様に不真正不作為犯の成否が問題となるも、不成立であると考える。
 確かに、丙は発見した時点では、容易に火を消せる状態であったから上述の②の要件は満たされる。しかし、その床が燃えているのは、甲の過失行為に起因するものであって、丙の先行行為に起因するものでないから、①の要件が満たされないからである。
三 乙の罪責
 1 乙は甲に依頼されて、甲の建造物侵入窃盗を容易にすべく、A社通用口の施錠をはずして帰宅しており、このことにつき、建造物侵入窃盗の幇助犯が成立しない、幇助行為と結果との因果関係が認められるかが問題となる。
 2 思うに、共犯の処罰根拠は正犯を通じて法益侵害結果を惹起することにあるから、幇助犯が認められるためには、幇助と正犯の結果との間に因果関係が必要である。もっとも、そこでいう因果関係の有無は、正犯の実行を容易にしたかという観点から決められるものであるから、正犯の行為を物理的ないし心理的に容易にしたといえる場合には、因果関係が認められると解する。
 3 これを本件についてみると、甲はA社の通用口を使ってないから、乙の幇助と甲の行為との間に物理的な因果関係があるということはできない。また、甲は「助かるよ」と乙に礼をいっており、心理的に甲の犯行を容易にしているといえるようにも思えるが、本件では、甲はA社と隣にあるというだけで、一度も働いたことのない、したがって中の構造も知らないB社に侵入しており、これは甲が独自に決断したことであるということができる。そうだとすれば、乙の幇助の心理的な因果性も認めることができない。したがって、乙の幇助と、甲の行為の結果には因果性が欠けるから、犯罪不成立となる。

(感想)
 こっこれは、H22の新司法試験と似てるっ!!不作為犯、因果関係、故意。この問題を一時間で書こうとしたらかなり事務処理能力がいると思います。来年の新試験は幇助の因果性がでそうだなぁとちょっと思いました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

元ロースクール生(2010年卒業)

Author:元ロースクール生(2010年卒業)
H23年司法試験を受験しました。
9月の結果が気になってやきもきする日々を過ごしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。